菅平高原セミナーを終えて

去る3月24、25日に菅平高原で美しく立つセミナーを行いました。
今年も菅平高原の雪の上をスノーシューで歩いてきました。
美立体操をして、腹ばいから四つ這い、高ばいとシュミレーションをして四つ足で歩く意義を考えて歩こうとスノーシューを履いてポールをついてノルディックウオークに出かけました。
まだ営業している大松山スキー場をかすめて林の中の山道を歩きました。
最後は誰の足跡もない広々とした畑を歩いて足跡を残してきました。

帰ってきたあと、菅平合宿会場のゾンタックにできた、ボルダリングの壁を見学し触ってきました。
ゾンタックとは40年のつきあいです。
宿の主人の松浦さんが旅行会社を辞めて、小さなペンションができあがる前からのつきあいです。
少しずつ大きくなっていったゾンタックに子どもたちの成長と合わせて毎年行っていました。
プールから、グランド、体育館、ジムなどを作り上げ、いまやラグビーの全日本チームの合宿の場にもなっています。
先日の平昌オリンピックでメダルを取ったパーシュートの高木姉妹たちも合宿していたそうです。

そのゾンタックにボルダリングのかべができました。
東大整形外科の後輩でやはりゾンタックとも長年のつきあいであるリハビリ医の飛松好子先生からの働きかけもあり立派なかべがこの冬にできました。
飛松先生は若い頃は運動音痴だったという話を聞いています。
こんな彼女が中年から岩登りを始めたという経緯が、雑誌スポーツメディスンに連載されていました。
そして、この度、ボルダリングの本を出した飛松先生の話と、その本を出版した清家さんに今の世の中で本を出すことの話を聞かせてもらうように、合宿に来ていただきました。
まだ、本は完成してないのであまり語れないとのことでしたが、彼女が長いボルダリング歴の中で得てきた上手な身体の使い方を残したいというコンセプトは聞けました。
上手な身体の使い方は私のコンセプトでもあり、興味深くお二人の話を聞きました。

宴会と交流会では美立の指導者のペーさん、ドイツでクリスマスコンサートに行って骨折した大坪さんのリハビリの話を聞きました。
そのあとの二次会では大坪さんのピアノを楽しみました。

翌朝は雲ひとつない天気に恵まれて、ゾンタックの前の芝生で清々しい空気を味わいながら、八段錦から体操が始まりました。
リードは滝澤さんにお願いしました。
自分でやるより新鮮な八段錦でした。
そのあと、いつものように、菅平自然館の木道を歩きました。
まだ、歩く人もいないのか、傾いたところ、雪が積み重なるところなどちょっと怖いところもある散歩でした。

朝食後、渡会の講義とペーパー解剖学が行われました。
講義の内容は、3つのSの確認と3つのAの意義を確認、身体への興味を高め、動きの違いを楽しみ、身体を使いこなすことをめざそうといういつもの話しの確認でした。
ボルダリングにあわせ、手足をいっぱいに伸ばすこと、サルの手足と肩甲骨と骨盤の比較解剖学、脊椎の解剖学と実際に動かすことも行いました。
ペーパー解剖学は脊柱と胸郭と横隔膜、骨盤と脊椎の連動を模型作りから理解しようと楽しみました。
今回初参加のフットマーク高橋さんはトライアスロンを目指すというアクティブな女性ですが上手に模型を作って皆をびっくりさせました。
聞くと、立体裁断の仕事をされているということでした。
今度、いろいろ教えてもらうことになりました。

フットマーク田中さんには足裏の荷重分布の測定結果をプリントしてもらいました。
鮫島先生と二人の理学療法士の若い先生たち、ニッサンの島田さん真木さん、飛松先生の昔からのクライミング仲間の黒木さんから良かった、いろんな異業種のかたと知り合えたとうれしい感想を聞くことができました。
次回、秋のダボス高原を歩こうと帰途に着きました。
東京に帰ると、上野や浅草は桜が満開近くになっていました。

渡會公治

カテゴリー: タワライ日記 パーマリンク

コメントは停止中です。