平昌オリンピックを見て:スケート競技

平昌のオリンピックではいろいろな種目の美しい動きを堪能しました。
私なりの見方で見た感想を述べてみたいと思います。

スピードスケートの滑りを前からスローで撮っている映像を見ていたら、背骨が左右に交互に回転するさまがみてとれました。
背中の回転と同期して、両足が斜めうしろに押されていました。
両手は捻れんばかりに振られていました。
目は獲物を見つめるかのごとく、全身の動きはトラかヒョウのようでした。
報道でもケモノのようだといった言葉にレディに対し失礼だとかいろいろな反応があったそうです。
でも、小平奈緒選手が言うには、オランダで構えを指摘され「怒った猫のように」と言われ、より低い構えで腕を振ることを実行したそうです。
全力で加速するときなど両手を振る場合と、カーブを曲がるときなど片手だけを振る場合がありました。
片手を振りながらでも左右に力を伝えることができるのかなと思いました。
そこで、過日、スキーに行ったとき自分で確かめました。
緩斜面をスケーティングで滑っていく時、手を振ってみました。
両手では、スピードが出ないので合わず、難しいと感じました。
片手だけで左右に腕を振るのを真似てみると、じつに理にかなっていると感じました。
右手が右に振られる時に右足が前に出て行く、左足が出て行く時に右手を左に振る。
この動きだと左右の足に力を伝えることができるのでした。
左手は腰の真ん中に置くのも納得できました。
身体の中心を押さえて左右の動きを感じるのです。
片手をスイングしても全体をバランスよく動かしていることがわかるのです。
そして、スケートもスイング動作だ、左右の足に乗って、足の先のスケートの刃が氷を押して進んでいくのだ、と見て取れました。

パーシュートの写真を見て、前からの三人で構えた姿は美しい、一糸乱れず滑っていくのも美しいと感じました。
フィギュアも含めてスケートの人気が増してきました。
子供たちがスケートに取り組むことが予想されます。
ここで、私の持論を述べたいと思います。
スケートは立てれば滑れるということです。
まず美しく立つことを子供たちにスケートを教える中で指導してほしいと思っています。
股関節、膝関節、足関節のアライメント(並べ方)が良ければ足の真ん中に荷重することができるのです。
スクワットを教え、膝の屈伸方向と足関節の屈伸方向と一致させることを教えてほしいのです。
これができれば、スケートの刃の上に立つことができます。
逆ハの字で立って、片足で押して片足に乗ればすごいスピードで滑れるのです。
このスピード感は子供にはたまらないものだと思います。
刃の上で立てるならば竹馬も乗れるし、スキーも滑れるし、ハイヒールも履きこなせると思います。
スポーツ障害なくスポーツを楽しむことができると思います。
ぜひ、この基本の基を子供のときに教えて身に着けてほしいと思います。

私の少年時代、冬は寒く、屋外リンクがいろいろなところにできて、子供たちが集まってスケートを楽しみました。
ちゃんと教わることもなく、貸し靴を借りては滑っていましたが、見様見真似で上達は遅くいつまでも、ずっと手すり磨きに終始するだけでした。
その後、なんとか滑れるようにはなりましたが初級レベルでした。
スポーツドクターになってアライメントの良し悪しがスポーツ障害につながることを見つけ研究してきました。
日体大のスケート実習でも教わったことですが、スケートは刃の上にまっすぐ立つことができれば、簡単に滑れるものなのです。
東大の教員時代に学生たちをスケートリンクに連れて行って確認してみました。
ただ、問題なのが、貸し靴でした。
貸し靴だと皮の靴は変形してしまっています。
いいアライメントで立つことができる人が少なく、だんだん刃が傾いているうちに靴が変形してくるのです。
こうした靴を履くとまっすぐに立つのはむつかしいことになり、スケートが難しいものになります。
幸い今は、プラスチックのブーツが出てきました。
アライメントよく美しく立つことをスケートに行く前に身につけておくといいと思います。
スケートがとても楽しくなるでしょう。
基本となる立ち方を教えるのにスケートはとてもいいものだと思います。
子供たちに是非教えるべきだと思います。
いい選手が続いていくことを願っています。

渡會公治

カテゴリー: タワライ日記 パーマリンク

コメントは停止中です。