養生学会に参加しました

養生学会に参加してきました。
養成と書き、「ようじょう」ではなく、「ようせい」と読みます。
体操で健康をめざす体育の先生たちの集まりで、東洋的な養生法、太極拳や気功などに興味を持つ人が多く、私も昔から参加しています。
第19回の今回は東京農工大学で開かれ、テーマは「笑い」でした。

最初のゲストスピーカーはNHKでディレクターとして「ひょっこりひょうたん島」を作った武井博さんでした。
武井さんは「ひょっこりひょうたん島」の誕生秘話やエピソードを以下のように語ってくれました。
ユダヤの格言「生物の中で人間だけが笑う。人間の中でも、賢いものほどよく笑う。」が発想のきっかけとなり、北杜夫さんの名著「あくびノオトのほら吹き3人男」からヒントを得て、「ひょっこりひょうたん島」が生まれた。 
しっかり者の子供たちとほら吹きの大人の組み合わせが斬新だった。
当時、教育番組には子供の笑いはなく、生真面目一色だった。
そんな環境の中で、こわごわと始めたのが「ひょっこりひょうたん島」だった。
入社4,5年の27歳の若者が29歳の井上ひさしさんと作っていたのだからいい時代だったのだろう。
井上ひさしさんは調べものをしている内、どんどん違うところへ行ってしまい、深みにはまるから遅筆だったが、これが後々財産になった。
武井さんと井上さんとはアパートの隣合わせに住んでいて親友だった。
武井さんは井上さんを「嘘つき」と言っていたのだが、これは柳田邦夫さんの至言「こどものうそはすぐに叱るな、創造性の豊かな作家になるためには必要なことだ」を念頭に置いた究極の誉め言葉であり、究極の井上ひさし論だ。

次は西野式呼吸法の師範でもある、東京農工大の田中幸夫教授の講演でした。
「口角を上げると脳は今、笑える状況だなとだまされる。脳をだませば、それに従って身体は反応する。いいほうに回っていく。ゆっくり呼吸をしても同様である。」とのことした。
笑うことによりストレスチェックデータが変化するか、実験授業が行われました。
唾液のアミラーゼ活性と血圧脈拍数を測り、笑う実技の前後で比較しました。
笑顔を選ぶことでストレス度が分かる質問票にも興味を惹かれました。
私のストレス度はかなり低く、気をよくしました。

最後は東京工業大の小谷泰則助教による脳の話で、最新の研究結果をベースとした面白い内容でした。
小谷先生はサッカー少年でしたが、指導方法に懐疑的で練習に身が入らず、部活は面白くなかったそうです。
それが高校途中で柔道を始めると、素晴らしい指導者に出会い、合理的な練習を重ね優秀な成績を上げ、筑波大学に入ります。
しかし、大学の柔道部は中高のサッカー部と同じで、非合理的な練習と上下関係、この環境が嫌で先生は選手をやめ主務となりました。
卒業後は柔道界から逃れるために研究者となったそうで、意外に思いました。

講演のスライドは初期Mac Plus(コンピューター)の写真から始まりました。
当時60万円だったMacが今は半額で、しかも性能はこの間に飛躍的に進化しました。
従来は出来なかったことが容易く出来るように、見えなかったものが見えるようになり、感慨深い変化です。
小谷先生は大学院では生理学の研究室に入り、”fMRI”の研究に従事しました。
この ”fMRI”は、ある物事が起こった時に脳のどの部分が活発に活動したかを可視化するもので、ベル研究所のノーベル賞候補、小川誠二先生の発明です。
心理学の世界で限界のあった心と感情の様子を客観的に”fMRI”で測れるようになり、心の研究事例が世界中で増えました。
情報化が加速する中、いまや研究も、”open source” および“open access”の時代だと言われています。
”fMRI”のソフトは公開され、論文はただで読め、メーリングリストに登録すれば無償で指導さえ受けられる環境だと説明してくれました。
こんな、世界中での研究の結果、10年で何をしたときに脳のどこが働くかの局在探しは終わってしまい、いまは、脳の中の3つのネットワークが、どう働くかの研究が流行りだそうです。

ネットワーク解析とは時系列で同じ働きをしているものを引っ張り出すことで見つけます。
どんなときに、これらのネットワーク間の働きが起こるのかを見るという研究です。
3つのネットワークとはデフォルト・モード・ネットワーク、中央実行ネットワーク、顕著性ネットワークです。
デフォルト・モード・ネットワーク は安静時も活発に活動しているもので、認知症では低下、うつでは強化されます。
中央実行ネットワークは何かに集中し実行するときに働きます。
顕著性ネットワークは、感情の体験と関連する脳の部位である島皮質と関係し、心と体をつなぐ働きをしていて、デフォルト・モード・ネットワークと中央実行ネットワークとの切り替えを行っています。
つまり、体からの情報がネットワークを切り替えているということがわかってきました。
要するに、身体主義の復活であり、脳は身体の奴隷だとも言っていました。
そして、「身体が中心にならなければならない」という、体育の先生の昔の話が腑に落ちました。
そして以下のようなまとめがありました。
意思の中枢は前頭葉下部にあり、これが働き、顕著性ネットワークに抑制をかける。
顕著性ネットワークは、年齢とともに発達するもの(他のネットワークはほぼ生まれつき)であり、青少年期におけるしごきや強制は、この発達を阻害する。

終わったあとの懇親パーティでビールを飲みながら、いろいろな人と話ができ有意義な学会になりました。

渡會公治

カテゴリー: タワライ日記 | 養生学会に参加しました はコメントを受け付けていません。

美立教室3月のテーマ

3月のテーマは「身体を回転しよう」です。
平昌五輪を見ていて思いつきました。
スケートでもスノーボードでもスキーでも回転が出てきます。
私にはフィギュアスケートの4回転ジャンプを見ても、スロービデオで解説されない実際に何回転していたのか分かりません。
スノーボードでは1440という言葉が出てきました。
1回転360度を4倍すると1440度というわけで、英語ではフォーティーンフォーティと叫んでいました。
これはもっとわかりにくく、スロー再生でも分かりませんでした。
ネットで画像による解説を読んだのですが、それでもよく分かっていないと思います。
身体の回転について考えていくうちに、身体を回転することはいろいろな動きに見られると思いついて今回のテーマにしました。

辞書(デジタル大辞泉)で回転を調べると以下のように書いてありました。
かい‐てん〔クワイ‐〕【回転/×廻転】[名](スル)
1 物が、ある軸を中心としてまわること。「―式のテーブル」「翼が―する」
2 からだを転がしたり、宙がえりしたりすること。「―レシーブ」「マット上で三―する」
3 機能を十分生かした働きをすること。存分に活動すること。「頭の―が鈍い」「人員を―させて事務をさばく」
4 物事が、動きをくり返すこと。「資金の―が早い」
5 サービス業などで、客が新しい客と入れ替わること。「客の―が悪い」
6 「回転競技」の略。

今回のテーマは「身体の回転」なので、前記の辞書の意味で言えば、1 や2 に当たります。
具体的な動きでは、マット上で3回転するとか、鉄棒の大車輪で何回も回転するとかになります。
大車輪は鉄棒が軸になって身体が回転しますが、マット上での回転はどこが軸なんだろうと難しくなります。
フィギュア・スケート選手の4回転は頭から足裏までの長軸(垂直軸)に対して回転する分かりやすいものです。
立ったままでは若いアスリートでも2回転は無理でしょう。
わたしも半回転くらいはできるかなとやってみたらできましたが、1回転は無理でした。
スケートの場合、回転するには滑って、加速・減速・ジャンプという動きが必要です。
助走、身体の向き、足の使い方、スケートの刃の使い方の違いでサルコウとかトウループとかフリップなどの違いが出てきます。
テレビで解説者はすぐに今のはトウループですねとか言いますが私には分かりません。
いずれにせよ、若くてトレーニングしないとできないことです。
その中で、最大の要素は垂直にジャンプする能力だと思います。

そして、我々中高年に自問します。
「最近、ジャンプしたことがありますか?何㎝くらいジャンプできますか?」
年を取るとジャンプができなくなります。
これは年のせいか?筋力の低下のせいか?ジャンプしなくなるという習慣のせいか?答えは全部合わせたものといえるでしょう。
最近読んだゴルフの雑誌には、立ち幅跳びで飛距離がわかると書いてありました。
昔、体育の世界で聞いた話では連続五段跳びが競技力と相関するということでした。
でも、いきなりジャンプする能力を高めようとジャンプを練習するのではなく、その前にスクワットから始めましょう。
いつも言うように、いいアライメントでおこなうことが大切です。
自分の体重をしっかり支えることができるようになったら、重さを持ってスクワットをします。
自分の体重くらいは平気でできるならジャンプをしましょう。

年をとるとどのくらいジャンプできなくなるのか知りたくなります。
そこで探してみると、年齢別垂直跳びの10歳から70歳の男女のデータが、都立大学体力標準値研究会(2009)の仕事でありました。
それによると、10歳でも男子のほうが大きく34.9と32.4cmで、60歳では37.5 と24.0 cmでした。
ピークは男女とも17歳で61.5と43.7cmで、70歳では28.0 と18.5 cmです。
20歳を過ぎると年々値は低くなっていくのが現代人です。

ところで、いろいろなスポーツ選手の動きの中でのキモは背骨の動きだと思います。
スピードスケートを見ていて、大きく手を振ることで背骨を回転させて体重移動しているのだと感じました。
右手を大きく振り上げたときには右足にしっかりと乗って氷を押しているなと見えたのです。
スケートの刃の横方向に押して力を生み、もう一方の足のスケートの方向に乗り込めば抵抗もなくスーと進めるのです。
この手の動きはカーブの時は片手で行っていました。
よく見ると、まっすぐの時でも片手を振っていることもあり、振らない方の手は腰に置いていました。
肝心なのは背骨を交互に回転することで足と手を同期させて滑るということです。
私自身、この冬のスキーの時に確かめてきました。
緩斜面でスケーティングするときに、腰の真ん中に手を置いてもう一方の手で背骨を回すように振ってみると上手く、体重移動ができました。

さて、美立教室では床で寝転んで回転しようとごろごろ転がってもらいました。
何回転できるかと思いましたが、仰向けから横向き腹ばい横向き仰向けと1回転するのがやっとで、目が回りました。
回転がテーマですので、回転座り、回転立ち上がりの体操を行いました。
立って身体を回転させようと回転するスワイショしました。
手を振りながら身体を回転することを繰り返しながら、身体に意識を向け、長軸に対して回転する装置は脊椎と股関節だけだという知識を身体の動きと一致させるつもりで行いました。
肘まる体操も腹ばいワイパー体操も背骨の回転が中心の動きです。
いつもの3つのSを踏まえて、身体を上手に回転させようと行いました。

カテゴリー: 協会通信 | 美立教室3月のテーマ はコメントを受け付けていません。

菅平高原セミナーを終えて

去る3月24、25日に菅平高原で美しく立つセミナーを行いました。
今年も菅平高原の雪の上をスノーシューで歩いてきました。
美立体操をして、腹ばいから四つ這い、高ばいとシュミレーションをして四つ足で歩く意義を考えて歩こうとスノーシューを履いてポールをついてノルディックウオークに出かけました。
まだ営業している大松山スキー場をかすめて林の中の山道を歩きました。
最後は誰の足跡もない広々とした畑を歩いて足跡を残してきました。

帰ってきたあと、菅平合宿会場のゾンタックにできた、ボルダリングの壁を見学し触ってきました。
ゾンタックとは40年のつきあいです。
宿の主人の松浦さんが旅行会社を辞めて、小さなペンションができあがる前からのつきあいです。
少しずつ大きくなっていったゾンタックに子どもたちの成長と合わせて毎年行っていました。
プールから、グランド、体育館、ジムなどを作り上げ、いまやラグビーの全日本チームの合宿の場にもなっています。
先日の平昌オリンピックでメダルを取ったパーシュートの高木姉妹たちも合宿していたそうです。

そのゾンタックにボルダリングのかべができました。
東大整形外科の後輩でやはりゾンタックとも長年のつきあいであるリハビリ医の飛松好子先生からの働きかけもあり立派なかべがこの冬にできました。
飛松先生は若い頃は運動音痴だったという話を聞いています。
こんな彼女が中年から岩登りを始めたという経緯が、雑誌スポーツメディスンに連載されていました。
そして、この度、ボルダリングの本を出した飛松先生の話と、その本を出版した清家さんに今の世の中で本を出すことの話を聞かせてもらうように、合宿に来ていただきました。
まだ、本は完成してないのであまり語れないとのことでしたが、彼女が長いボルダリング歴の中で得てきた上手な身体の使い方を残したいというコンセプトは聞けました。
上手な身体の使い方は私のコンセプトでもあり、興味深くお二人の話を聞きました。

宴会と交流会では美立の指導者のペーさん、ドイツでクリスマスコンサートに行って骨折した大坪さんのリハビリの話を聞きました。
そのあとの二次会では大坪さんのピアノを楽しみました。

翌朝は雲ひとつない天気に恵まれて、ゾンタックの前の芝生で清々しい空気を味わいながら、八段錦から体操が始まりました。
リードは滝澤さんにお願いしました。
自分でやるより新鮮な八段錦でした。
そのあと、いつものように、菅平自然館の木道を歩きました。
まだ、歩く人もいないのか、傾いたところ、雪が積み重なるところなどちょっと怖いところもある散歩でした。

朝食後、渡会の講義とペーパー解剖学が行われました。
講義の内容は、3つのSの確認と3つのAの意義を確認、身体への興味を高め、動きの違いを楽しみ、身体を使いこなすことをめざそうといういつもの話しの確認でした。
ボルダリングにあわせ、手足をいっぱいに伸ばすこと、サルの手足と肩甲骨と骨盤の比較解剖学、脊椎の解剖学と実際に動かすことも行いました。
ペーパー解剖学は脊柱と胸郭と横隔膜、骨盤と脊椎の連動を模型作りから理解しようと楽しみました。
今回初参加のフットマーク高橋さんはトライアスロンを目指すというアクティブな女性ですが上手に模型を作って皆をびっくりさせました。
聞くと、立体裁断の仕事をされているということでした。
今度、いろいろ教えてもらうことになりました。

フットマーク田中さんには足裏の荷重分布の測定結果をプリントしてもらいました。
鮫島先生と二人の理学療法士の若い先生たち、ニッサンの島田さん真木さん、飛松先生の昔からのクライミング仲間の黒木さんから良かった、いろんな異業種のかたと知り合えたとうれしい感想を聞くことができました。
次回、秋のダボス高原を歩こうと帰途に着きました。
東京に帰ると、上野や浅草は桜が満開近くになっていました。

渡會公治

カテゴリー: タワライ日記 | 菅平高原セミナーを終えて はコメントを受け付けていません。

美立教室2月のテーマ

2月のテーマは「長生きする歩き方」です。
2017年12月末に「長生きする歩き方」というタイトルの本がでました。
この本は、エイ出版から出ているランニングスタイルという雑誌の別冊ムックとして出たのですが、その医学監修をしました。
ロコモ、メタボ、認知症が健康寿命を阻害する生活習慣病で、不活発病ともいわれ、その対策として歩くことが勧められていますが、
私の意見として、ただ歩けばいいってものではない、3つのAと3つのSが大事だという、いつも強調していることを述べました。
要するに、全身を使って、体の構造に合ういいアライメントで歩くということです。
そのためには全身を協調して上手に動かすこと、そしてそのためには柔らかいからだが必要になります。
さらに、認知症対策として進められているデュアルタスク歩きを紹介し、美立の三歩目大股歩きがいいと述べました。

生活習慣病の代表はLMN つまりLocomo(ロコモ:運動器症候群)、Metabo(メタボ:内臓脂肪症候群)そしてNinchi(認知症)です。
ロコモ、メタボ、認知症がABC順でLMNと並んでいるのは面白いと思います。
これらは不活発病ともいわれ、動かない生活習慣から生まれます。
便利な現代の生活環境(車、重機、テレビ、インターネットなど)のなかで、子供の遊びもゲームが中心になっています。
逆に、動けば 脳も活性化する、筋力低下を防げるということで、運動が勧められます。
なかでも、歩くことはお金もかからないし、いつでもどこでもできるということで広く行われています。
しかし、ただ歩けばいいってものではないということを常々言ってきました。
メタボの人が歩きすぎて膝や腰が痛くなってロコモが顕在化してきたという話はよくあります。
つまり、歩く前に準備、3つのSが必要なのす。
立つこと、ストレッチをすること、背骨を動かすこと、背骨を含めた全身を使うことを目指して体を調整することです。

すでに歩いているヒトはチェックが必要です。
美しく歩いているか、痛いところはないかをチェックしたら、体を触ってみます。
押して痛いところがないかと痛みの好発部位を触ってチェックします。
脛やひざなど痛くなりやすいところを自分で押してチェックします。
また、運動の記録をしていると症状が出た時でも早期診断の判断に役立ちます。
どんな運動を、どんな頻度で、どこで、どのくらい行ったか記録するといいでしょう。

高齢者にとってなりたくない疾患の第一である認知症とは脳の後天的な障害です。
認知症には中核症状と周辺症状があります。
中核症状とは程度や発生順序の差はあれ、全ての認知症患者に普遍的に観察される症状です。
記憶障害、見当識障害(時間・場所・人物の失見当)、認知機能障害(計算能力の低下・判断力低下失語・失認・失行・実行機能障害)をいいます。
周辺症状(BPSD行動・心理障害)とは以下の症状であり、リハビリの適応があります。
幻覚(20-30%)、妄想(30-40%)、徘徊、異常食行動(異食症)、睡眠障害、抑うつと不安(40-50%)、焦燥、暴言・暴力(噛み付く)、性的羞恥心の低下(異性に対する卑猥な発言の頻出など)などです。
認知症のリハビリとしては周辺症状がターゲットとなります。
認知症の周辺症状は、患者さんの不快感や不安によって引き起こされるものであるため、リハビリを行うことで改善を見込められるのです。
脳を活性化させたり、身体を動かすよう促したりして、患者さんが出来ることを増やしていき、自信を取り戻し、意欲的にさせることで、周辺症状の原因を取り除くことが出来ることをめざします。

ウオーキングは脳を活性化するということで、認知症予防にデュアルタスク歩きが勧められています。
デュアルタスクというのは二つのことを同時に行うという課題です。
認知症になりやすい人は、「歩行中に話しかけられて足を止めてしまう」、「テレビに夢中になって皿洗いの手が止まってしまう」など、さまざまな動作を同時に行えなくなっているといわれています。
これを見て、三歩目大股歩きそのものがデュアルタスクだと思いつきました。
三歩目を大股で歩くという課題(タスク)で歩くと3拍子で気持ちよく歩ける、左右交互に歩けるという効果もあります。
これに認知症の予防にもなるというわけです。
さらに三歩目を大股で踏み込むときトレーニングのレッグランジ歩き(前足)だけでなく、後足に意識を向けると後ろ足のストレッチ歩きになります。
そして、意識をふくらはぎに当てたり、ハムストリングスに当てたり、股関節前面の大腰筋に当てると違う筋肉をストレッチすることができます。

さらに、三歩目タスク歩きの課題(タスク)を考えてみました。
まず、意識したところを手で触るというタスクが考えられます。
これは、右手で右足を触るより、右手で左足を触る方が難しくなります。
つぎに、右手と右足を同時に出すというタスクで、つまりナンバ歩きです。
一歩ごとにナンバ歩きをするとやりにくいのですが、3回に一度だと簡単にできます。
さらに、三歩目に両手でじゃんけんをする、振り返る、身体を触るなどを思いつきました。
そのほか、三歩目に色をいう、三歩目に野菜の名前をいうなどアイディアも出てきました。

話を本のことに戻すと、食べかたコラムとして「老化しない身体を作る」ということ載っていました。
抗酸化と抗糖化対策には運動だけでなく食べ物の工夫がいるというのです。
抗酸化は身体のサビを防ぐと表現され、活性酸素を減らすこと、要因(紫外線、大気汚染、喫煙、ストレス、栄養の偏りなど)を減らすこと、食事の工夫(ビタミンA,E,C、βカロテン、アスタキサンチン、リコピン、ルチン、イソフラボンなどをとる)をすることがあげられていました。
もうひとつの抗糖化対策は、身体のコゲを防ぐという表現で、糖質制限や糖の急上昇を避ける食べ方をする、食物繊維をとる、運動をすることがあげられていました
さらにフレイル(虚弱)予防として、筋量維持のためにタンパク質とビタミンC、骨量維持のためにカルシウムとビタミンDを取ることが勧められていました

カテゴリー: 協会通信, 上手なからだの使い方 | 美立教室2月のテーマ はコメントを受け付けていません。

平昌オリンピックを見て:スケート競技

平昌のオリンピックではいろいろな種目の美しい動きを堪能しました。
私なりの見方で見た感想を述べてみたいと思います。

スピードスケートの滑りを前からスローで撮っている映像を見ていたら、背骨が左右に交互に回転するさまがみてとれました。
背中の回転と同期して、両足が斜めうしろに押されていました。
両手は捻れんばかりに振られていました。
目は獲物を見つめるかのごとく、全身の動きはトラかヒョウのようでした。
報道でもケモノのようだといった言葉にレディに対し失礼だとかいろいろな反応があったそうです。
でも、小平奈緒選手が言うには、オランダで構えを指摘され「怒った猫のように」と言われ、より低い構えで腕を振ることを実行したそうです。
全力で加速するときなど両手を振る場合と、カーブを曲がるときなど片手だけを振る場合がありました。
片手を振りながらでも左右に力を伝えることができるのかなと思いました。
そこで、過日、スキーに行ったとき自分で確かめました。
緩斜面をスケーティングで滑っていく時、手を振ってみました。
両手では、スピードが出ないので合わず、難しいと感じました。
片手だけで左右に腕を振るのを真似てみると、じつに理にかなっていると感じました。
右手が右に振られる時に右足が前に出て行く、左足が出て行く時に右手を左に振る。
この動きだと左右の足に力を伝えることができるのでした。
左手は腰の真ん中に置くのも納得できました。
身体の中心を押さえて左右の動きを感じるのです。
片手をスイングしても全体をバランスよく動かしていることがわかるのです。
そして、スケートもスイング動作だ、左右の足に乗って、足の先のスケートの刃が氷を押して進んでいくのだ、と見て取れました。

パーシュートの写真を見て、前からの三人で構えた姿は美しい、一糸乱れず滑っていくのも美しいと感じました。
フィギュアも含めてスケートの人気が増してきました。
子供たちがスケートに取り組むことが予想されます。
ここで、私の持論を述べたいと思います。
スケートは立てれば滑れるということです。
まず美しく立つことを子供たちにスケートを教える中で指導してほしいと思っています。
股関節、膝関節、足関節のアライメント(並べ方)が良ければ足の真ん中に荷重することができるのです。
スクワットを教え、膝の屈伸方向と足関節の屈伸方向と一致させることを教えてほしいのです。
これができれば、スケートの刃の上に立つことができます。
逆ハの字で立って、片足で押して片足に乗ればすごいスピードで滑れるのです。
このスピード感は子供にはたまらないものだと思います。
刃の上で立てるならば竹馬も乗れるし、スキーも滑れるし、ハイヒールも履きこなせると思います。
スポーツ障害なくスポーツを楽しむことができると思います。
ぜひ、この基本の基を子供のときに教えて身に着けてほしいと思います。

私の少年時代、冬は寒く、屋外リンクがいろいろなところにできて、子供たちが集まってスケートを楽しみました。
ちゃんと教わることもなく、貸し靴を借りては滑っていましたが、見様見真似で上達は遅くいつまでも、ずっと手すり磨きに終始するだけでした。
その後、なんとか滑れるようにはなりましたが初級レベルでした。
スポーツドクターになってアライメントの良し悪しがスポーツ障害につながることを見つけ研究してきました。
日体大のスケート実習でも教わったことですが、スケートは刃の上にまっすぐ立つことができれば、簡単に滑れるものなのです。
東大の教員時代に学生たちをスケートリンクに連れて行って確認してみました。
ただ、問題なのが、貸し靴でした。
貸し靴だと皮の靴は変形してしまっています。
いいアライメントで立つことができる人が少なく、だんだん刃が傾いているうちに靴が変形してくるのです。
こうした靴を履くとまっすぐに立つのはむつかしいことになり、スケートが難しいものになります。
幸い今は、プラスチックのブーツが出てきました。
アライメントよく美しく立つことをスケートに行く前に身につけておくといいと思います。
スケートがとても楽しくなるでしょう。
基本となる立ち方を教えるのにスケートはとてもいいものだと思います。
子供たちに是非教えるべきだと思います。
いい選手が続いていくことを願っています。

渡會公治

カテゴリー: タワライ日記 | 平昌オリンピックを見て:スケート競技 はコメントを受け付けていません。